happy musical days

yogaとmusicとspiritualをこよなく愛するシンガーshimakoのブログです。日々のhappyを書いています!

熱い日続きますね~
今日は、曇りで少しやわらいでますが
これから、どんどん熱くなりますね~
そんな時は、ホットな音楽で
熱さ満喫もいいですが
涼しげな音楽で、
雰囲気涼しくなってみるのは
いかがでしょうか~?

6月29日に放送されていた
13時間の音楽番組見ました~?
大阪では、夜中の2時くらいで
突然終わってしまって
ネットでチェックすると、
残りの3時間は
大阪では放送されないとの事。
残念~(>_<)
なんの予告もなく終わってしまったので、
あれ?放送事故という感じでした。

色々用事しながらだったので
くまなくチェックしたわけではないですが、
印象に残ったのは、
森高千里さんと久保田利伸さん☆
森高千里さんの美脚は健在で
かっこよかったな~(^O^)
ミニスカートでロングブーツで
「私がおばさんになっても」歌われてました。
あんな素敵アラフォー憧れます!

久保田利伸さんは、
LA・LA・LA・LOVE SONGと
ボサノバの名曲「コルコバード」を歌ってました。

前置き長くなりましたが、
ここからが本題(笑)
このコルコバードという曲。
私も大好きで、よくライブで歌います。

作曲は、ボサノバの有名な曲「イパネマの娘」と
同じで、アントニオ・カルロス・ジョビン。

私が初めて、コルコバードを聴いたのは
NYで音楽専門学校に通っていた頃でした。
当時のボーカルの先生がこの曲は素敵な曲だから
あなたも練習してごらんと
弾き語りで歌って聴かせてくれました。
北欧系の白人の女性の先生だったんですが、
ハスキーで温かみのある声で囁く様に歌われて
私のハートは完全に射抜かれました(笑)

それから、この曲は本当に大好きで
よく歌います。
とっても綺麗な曲なので、
ライブでは、
最初のワンコーラスを
ベースとデュオでしっとり歌ったりします。

久保田利伸さんがテレビで歌っていて
改めていい曲だな~と思ったので
記事にしました~

皆さんもぜひハート射抜かれてください☆

動画は、小野リサさんの
ポルトガル語バージョン。
この曲は、個人的にゆったりしっとりバージョンが好きなので
このバージョンをアップしました!

熱い日々に涼しげなひとときを~♪

雨続きますね~
梅雨時期には髪の質感が
いつもと違うからまとまりにくい(^_^;)

妹に教えてもらって
一年前くらいから使い始めた石鹸シャンプー。
image


















私は、髪が長くて
パーマをかけているので
枝毛がたくさんあったのですが、
石鹸シャンプーに変えてから
枝毛一本もなくなりました(^O^)

しかも、パーマのもちもよくなるので、
もう手放せずにいます(๑≧౪≦)

画像は、愛用している「パックスナチュロン」の
石鹸シャンプー。
ここだけではなく、色んなメーカーから
石鹸シャンプー出てます。

ちょっと調べてみたところ、
普通のシャンプーは、合成界面活性剤が入っていて
洗浄力や泡立ちはよいものの
成分は、食器洗いの洗剤などと同じ成分なんだそう。
これは、やっぱり身体によくないそうで、
薄毛や抜け毛、若白髪などの原因になるそうです。

その点、石鹸シャンプーは
合成洗剤を使わず、石鹸で洗浄するので
髪や頭皮へのダメージは少ないそうです。

それは、本当、実感済み(^-^)

ただ、石鹸なので、洗い上がりの髪の毛が
キシキシします。
私は、ときやすいブラシをお風呂の中に
持ち込んで、それで毎回シャンプー後に
といてます。

使い始めてから
髪が慣れるまでの1週間くらいは、
パサパサになった感がありますが
それ超えると髪そのものが
健康になった感がすごくあります。

人によっては、好転反応として
使い始めにフケらしいものが
出る場合があるそうですが、
私は出ませんでした。

枝毛や切れ毛などに悩まされてる方は、
ぜひ一度お試しを~(*≧∀≦*)


って、私はどこのまわしもん~!?(笑)

有名な「moon river」
映画「ティファニーで朝食を」で
ヘプバーンが窓際で歌うシーンは、
有名ですね♪

この曲は、
歌詞がとっても詩的で
細かいところは、
どんな風にも解釈できると思います。

ネットで調べてみても、
色んな説があったりで、
少しずつニュアンスが違ったりしてます。

とても好きな歌詞なので、
勝手ながら、独断と偏見で
訳してみました(笑)

動画は
ムーン・リバー小野リサバージョン。
これ聴いた時、
本当なんて綺麗な声と曲なんだと
感動したのを覚えてます。


ちなみに、
ムーンリバーとは、
水面に映る月の光の事です。

ムーンリバー























ムーン・リバー

ムーン・リバー
1マイルより広いムーンリバーよ
いつか僕は君を渡ってみせるよ

君は僕の夢だった
そして夢だけじゃない現実も
僕に教えてくれたんだ
きみが行くところへなら
僕はどこへでも行こう


彷徨う僕らは
まだ見ぬ世界の航海をしているね
だけど、その時が来たら
僕らは虹の端で会えるね
だから その時が来るまで
虹の角のあたりで
待っていておくれ
懐かしい友よ
ムーン・リバー


↑このページのトップヘ